はじめに

 

あわ居は「宿泊」や「イベント」を手だてとしたコミュニケーションを通して「世界」を見つめる、深める、広げる、あるいは想い出すための「場所」です。あわ居という「囲い」を媒介として自己や他者、石徹白の土地、歴史と深く、豊かなコミュニケーションが広がることそして「世界」を目撃し新たな「日常」へと戻っていかれることを心から願っています。