WS会場/宿泊場所

「あわ居」について

 

「設備・備品」「注意事項」「お食事」

◎設備、備品

 

・ドライヤー、シャンプー、石鹸、コットン、綿棒、バスタオル・フェイスタオル・ハンドタオルをご用意しています。

 

・歯磨きセット/髭剃りセット/寝間着/防寒具などはご持参ください。(歯ブラシ、歯磨き粉は販売もしています)

 

・wifiはご利用可能ですが、スマートフォンやパソコンから身を置いた時間をぜひお過ごしください。

 

・携帯電話は各社電波が不安定です。建物の外では比較的繋がりやすくなっています。

 

・浴室は一般的なお風呂になります。22:30までご利用頂けます。朝はシャワーのみご利用頂けます。満点の湯のご利用の場合は実費負担をお願いします。(参加費には含まれておりません)

 

 

 

◎注意事項

 

 

・22:30の消灯です。客室は消灯以降もご利用頂けますが、ドリンクなどの対応は致しかねますのであらかじめご了承ください。また、築100年近い古民家を改修した施設のため、声や物音など響きやすくなっています、ご配慮にご協力お願いいたします。

  

・猫を飼っています。猫が苦手な方や猫アレルギーなどある方は事前にご相談ください。その他、食物アレルギーや生活上にアレルギーなどある方は事前にご相談ください。

 

・古民家ですので、カメムシをはじめ小さな虫などがいる季節があります。ご了承ください。

 

・調理、配膳についてはこちらからお声がけのタイミングで、可能な範囲でのお力添えをお願い致します。

 

・小さな子どもを育てながらの切り盛りですので、多々至らないことがあるかと思いますが、あらかじめご了承ください。

 

・冬季は十分な暖房を心がけていますが、古民家ですので至らない部分もあります。重ね着用の衣類を必ずお持ちください。靴下は重ね履きがお薦めです。足元を温めるだけで体感がかなり違います。

 

・あわ居の2Fはわたしたちの住居となり、子どもの遊ぶ音などが響くこともあるかと思います。ご迷惑をおかけしますが、ご容赦くださいますようお願いいたします。

 

・あわ居で実施している新型コロナウイルス対策についてはこちら→※

 

 

◎お食事について

 

以下よりお食事メニューをお選び頂けます。

ご予約の際に夕食/朝食それぞれ1種ずつご希望をお伝えください。

「余白の時間」の際より軽めのお食事内容となります。

 

夕食:「モロッコ料理」/「旬の料理」

食:「和食」/「諸国」/「モロッコ料理」

 

※夕食は18時開始、朝食は8時半開始がベースとなりますが、WSの流れで多少前後することがあります。

 

※2種以上のメニューを織り込んでのお料理の提供は致しかねます、あらかじめご了承ください。

 

※宿泊型WSの際のお食事は、「余白の時間」の際のお食事内容から2~3品程、品数を抑えたものとなります。あらかじめご了承ください。

 

※参加者が5名以上の場合は、取り分け式となります。

 

※お飲み物はご用意しております。酒類の持ち込みはご遠慮頂くようお願いいたします。

 

※お米、野菜は、有機、自然農法、地元で作られたものを出来るだけ使用しています。お肉、卵、乳製品についても、飼料や飼育に配慮されたものを選んでいます。化学調味料や添加物は避け、調味料等も厳選し、少しでも安心、安全にお召し上がりいただけるよう心がけています。

 

※食事はベジ対応可。食物アレルギー、または健康上、倫理上、食事規制のある方はご相談ください。可能な限り対応いたします。

 

---------------------------------------------

 

◎お食事メニュー例

 

※食事内容は季節や状況によって変動しますので、ご参考程度に御覧ください。

 

夕食

 

【モロッコ料理/夏】

 

私たちにとってモロッコは思い入れのある場所です。モロッコでの約1年半の滞在の中で現地の方から教わったこと、また数あるレシピの中からヒントをもらい、モロッコへの想いを少しのアレンジに、旬の食材の味わいで移ろいながら、ここだけのモロッコ料理をご提供いたします

 

・食前酒 /モロッコ産ワインのスプリッツァ

・枝豆入りモロッカンサラダ

・茄子とトマトのペーストサラダ “ザルーク”

・モロッコの手捏ねパン “ホブス”

・断食明けのトマトスープ “ハリラ”

・シナモン風味の鶏肉とアーモンドのパイ風 “パスティラ”

・鶏肉と檸檬、オリーブ、ドライフルーツの煮込み “タジン”

・ズッキーニとアーモンドのスパイスバタークスクス(細粒パスタ)

・オレンジと杏と胡桃のセミフレッド

・ミントとレモンバーベナと生姜のお茶

 

 

 

【旬の料理/秋】

 

ここ石徹白は自然と先人の知恵の豊かに残る場所です。冬は雪深く農作物の収穫期間は短いですが、大変美味しい野菜が採れます。あわ居では石徹白の野菜、山菜や野草、山の実り、受け継がれた保存食などを取り入れながら、奥美濃の郷土料理や名産品、旬を織り交ぜ、日本の発酵調味料や、世界各地のスパイスや調味料などを使い、創作します。

  

・食前酒 /金木犀香る岐阜天然ワインのサングリア

・前菜 /茹落花生とむかごのサブジ、ビーツと山梨のマリネ、素麺南瓜の和え物

・秋刀魚、大根、マッシュルーム、栗チップス、リーフ、酢橘と梨のドレッシングサラダ

・ズッキーニ入り郷土料理鶏チャンに酢橘を添えて

・郡上鹿肉と木の子のドライ巨峰バターソース

・秋よもぎジェノベーゼと天魚の茶碗蒸し

・焼き鯖と生姜と穂紫蘇のご飯

・ビーツと香草と酢橘のお吸い物

・郡上林檎と甘酒入りチーズケーキ

・秋の石徹白野草茶

 

 ----------------------------------------

 

朝食

 

 【和朝食/春】

 

お粥には十の功徳があるそうで、永平寺の修行僧は毎朝お粥を食べるそうです。あわ居では、季節のお粥を中心に、旬を盛り込んだおかずをお支度します。朝のお粥は身体に優しく馴染み心地が良いです。自然の力の込められたお粥を様々なおかずとお楽しみください。

 

・野草と甘酒入り林檎ジュース

・新玉ネギとたんぽぽの葉のサラダ

・春の野草入りだし巻き玉子

・ギシギシの和え物タチツボすみれ添え

・藪かん草のぬた和え

・鯖の塩麹焼き

・石徹白かぶらの漬物炒め

・春の野草粥

・石徹白の春の野草茶

 

 

【諸国の朝食/夏】

 

世界諸国の要素と、日本の食材を織り交ぜたスープやデリを、その日のイメージでご用意します。ハンドドリップしたフェアトレードによる有機コーヒー(紅茶もあります)とご一緒に、気まぐれに諸国を想い巡る味をお楽しみください。 

 

・南国フルーツミックスジュース

・ズッキーニと檸檬の冷たいスープ

・ネパール風フライドポテト

・ゆで卵とツナとオリーブのニース風

・バナナと塩麹のスコーン

・ココナッツとフンザの杏のせヨーグルト

・有機フェアトレードコーヒー、紅茶等 /デカフェ、オレでも

 

 

 【モロッコ朝食/冬】

 

モロッコの朝食もお楽しみいただけます。セモリナ粉を使ったパンケーキ“バグリール”やベルベルオムレツ、時にはお粥のようなスープ、アボガドミルクなど。モロッコの様々な朝をお楽しみいただけます。モロッコ定番の“ヌスヌス”(カフェ・オ・レ)も是非。

 

・オレンジとシナモンのジュース

・ほうれん草のモロッコサラダ

・じゃが芋、檸檬、チーズと香草の揚げ春巻き

・スパイスと香草の冬野菜モロッコポタージュ

・ベルベルオムレツ

・モロッコのパンケーキ “バクリール”

・ナッツの蜂蜜漬け、デーツシロップ、クリームチーズ

・フェアトレード有機コーヒー、ミントティー等 /デカフェ・オレでも

 

 


メインメニュー

ホーム

わたしたちについて

最新のお知らせ

余白の時間/ご予約

宿泊型WS(随時受付中)

刊行物

イベント・展示/申し込み

企画会場としてのご利用

アクセス