刊行物

『ことばの途上』出版記念展覧会

岩瀬崇書展「うつし/しるし/ことば」】

あわ居にて開催中です。詳細→


書籍『ことばの途上』

(岩瀬崇著)

価格:2000円(税込2200円)

※別途送料180円。2冊以上注文の際は無料

 

書籍『ことばの途上』/岩瀬崇著 / 装丁:瀬川晃/A5 / 初版限定200部 /2021年7月1日刊行/236ページ/あわ居発行/販売中 

 

2015年後半~2020年にかけて、約5年程の間に紡がれた詩、エッセイ、評論などをまとめた書籍です。それぞれの「ことば」は、新たな環境下での生活、実践を進めていく中で、都度、自らの立脚点を更新するものとして立ち現れ、記述されていきました。そして、それらは私自身の理解を超えたところでおそらく互いに連関し、重層的に絡まり合うことで、私自身の生を確かに開いていったと思います。その過程の中で、確かに私自身の中を貫いて流れていったもの。そんな不可視のものを分かち合うことができればと願い、一冊の書籍としました。ぜひお手に取って頂ければ幸いです。


目次 ※順不同・一部

メディアとアート / ルイス・バラガン / 時間 / 学問とからだ / 風の音 / 沈黙のことば / 聖イグナチオ教会 / 内在と超越 / 現実 / ことばの出自 …

 

ページサンプル(クリックで拡大します)

 

【お取り扱い店舗(順不同)】

古書善行堂

京都府京都市左京区浄土寺西田町82-2

●恵文社一条寺店

京都府京都市左京区一乗寺払殿町10

●蟲文庫

岡山県倉敷市本町11-20

●汽水空港

鳥取県東伯郡湯梨浜町松崎434-18 

●BOOKNERD

岩手県盛岡市紺屋町6-27 1F

ホホホ座浄土寺店

京都市左京区浄土寺馬場町71 ハイネストビル1階

FOLK old book store

大阪市中央区平野町1-2-1 1F/B1F

●ふるふる舎

京都府京都市右京区太秦組石町3-23

B&B 

東京都世田谷区代田2-36-15 BONUS TRACK 2F

H.A.Bookstore

(現在WEBのみ→

●blackbirds books

大阪府豊中市寺内2-12-1

●双子のライオン堂

東京都港区赤坂6-5-21

●BREWBOOKS

東京都杉並区西荻南3−4−5

●ブックギャラリーポポタム

東京都豊島区西池袋2-15-17

庭文庫

岐阜県恵那市笠置町河合 1462-3

●ON READING

愛知県名古屋市千種区東山通5-19 2A&2B

ビッカフェ

岐阜県岐阜市弥生町10 やながせ倉庫202

HUT BOOKSTORE

岐阜県美濃加茂市太田本町2-4-8

あわ居

岐阜県郡上市白鳥町石徹白47の2

 

【所蔵先】

●情報科学芸術大学院大学(IAMAS)図書館

岐阜県大垣市今宿6-52-18 ワークショップ24 1F

●土川商店

岐阜県揖斐郡池田町宮地930

 

 



書籍『詩と共生』

(岩瀬崇著)

価格:2750円(税込)

※別途送料180円。2冊以上注文の際は無料

 

 

書籍『詩と共生』岩瀬崇著 / 64ページ/全カラー/ハードカバー/A5 / 限定500部 /2015年6月28日刊行/いわせ書房発行

 

目次 ※順不同・一部

宇宙と持続/地と人/詩と共生/見性/川と想像力/始まりと音/ 祝福/風景/交感/生に詩を織り込む/祈り/アートと共同生活

 

デザイン:谷村竜哉 / 写真:岩瀬崇・岩瀬美佳子 /協力:榎本紀久 / 印刷・製本:藤原印刷株式会社


「芸術を真に公共のものとすること」とは、「万人が日常に詩(ポエジー)を織り込み生活していくこと」なのではないか。そしてその達成へと人類が歩みを進めていくことは、真に「持続可能な社会」への移行と、軌を一にしているのではないか――。

 

宮沢賢治の『農民芸術概論綱要』、アンリ・ベルクソンの「純粋持続」、 鶴見俊輔の『限界芸術論』、ウィリアム・モリス『民衆の芸術』などの知見に示唆を得ながら、冒頭の思惟を『詩と共生』という語に昇華させ、一冊の書籍としました。 本著は、あわ居主宰の岩瀬崇による詩、文、書、写真から構成され、そのタイトルに付した「イメージ(image)」を体感して頂けるものとなります。自然や環境、そして人間を含めた「いのちあるもの」との<関わり>が問い直されている現代に、 是非皆様にお手にとって頂ければ幸いです。    

 



メインメニュー

ホーム

わたしたちについて

最新のお知らせ

余白の時間/ご予約

宿泊型WS(随時受付中)

刊行物

イベント・展示/申し込み

企画会場としてのご利用

アクセス