石徹白の人々と土地に深く出会う1泊2日

縄文時代から自然と共にある暮らしが脈々と続いてきた石徹白(いとしろ)。土地の歴史の深さと豊かな自然・文化、地域づくりの取組みと同様、大きな魅力の一つはやはりこの地に暮らす人々です。

 

特に今いらっしゃる7、80代は大きな時代の変化を生き抜いてきた方たち。今の私たちでは考えられないような、たくましさとしなやかさ、知恵と甲斐性がなければ、この山奥の豪雪地では生きてはこれませんでした。

 

「聞き書き」を通して、彼らの人生の一部を語ってもらい、その時間をともにすることで、私たちにはどんなことがみえてくるのでしょうか。10年後にはもう聞けないかもしれない、今しか聞けない、あなたにしか聞けないこと。神社を参拝したり、五感をひらくワークなどをはさみながら、この深い出会いがあなたの人生にどんな問いを与えてくれるのか、お楽しみに!

 

※次の日に語り手さんからそれぞれが受け取ったものをお返しする時間を持ちたいと思います。何か自分が得意なもの(音楽、アート作品、詩など)があればそれを表現するのに必要なものを持参してもらうとよいです。なくても、印象に残った言葉などをお伝えすることなどができると思うのでご心配なく!

 

※聞き書きしたデータは最終的にこちらの方で聞き書き作品にさせていただきます。

 

タイムスケジュール

 

1日目:

13時半  イントロダクション:自己紹介&聞き書きについて

14時半  〈聞き書き〉語り手からお話を聞く

16時   シェアリング、ワーク

18時   夕食&交流会

 

2日目:

7時半 朝食

9時 神社正式参拝・五感をひらくワーク

11時    語り手さんに各々が受け取ったものを共有

12時 昼食(magoemonにて)

13時 振り返り

14時 解散

 

 

〇参加費:25,000円/お一人様

(1泊3食付きの宿泊代込・税込)

※1日目夕食、2日目朝食、昼食付き。

※宿泊は「あわ居」にて。施設・設備についてはこちら

 

〇催行人数:3~4名

 

〇対象:大人(※高校生以上の学生可)

 

〇持ち物:ボイスレコーダー(音声データが欲しい方のみ)

 

 

 

 



 

案内人:

斉藤万里子(いとしろカレッジ主宰)

 

名古屋でフェアトレードタウン活動に参画。ケニアでの短期ボランティア、イギリスのシューマッハカレッジ訪問を経て、2014年に石徹白へ移住。地域おこし協力隊の任期終了後、連続講座「いとしろカレッジ」を企画し、案内人を務める(現在は休止中)。一児の母となり、さらなる学びを模索中。

いとしろカレッジ:https://itoshirocollege.com/



※第三希望まで開催希望日を必ずお伝えください。

※ワークショップは完全予約型の、プライベートグループ向けのものとなります。各WSとも最少/最大催行人数がありますので、必ず催行人数に合致する形でのご予約をお願いします。

※講師との日程調整がありますので、催行希望日の2週間前までのお問い合わせにご協力をお願いします。

※あわ居の施設・設備などをご理解頂いた上でのご予約のご検討をよろしくお願いします。(未読によるトラブルやクレームには応じかねますのであらかじめご了承ください。)


メインメニュー

ホーム

わたしたちについて

最新のお知らせ

余白の時間/ご予約

宿泊型WS(随時受付中)

刊行物

イベント・展示/申し込み

企画会場としてのご利用

アクセス